スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初入閣組 緊張と喜びの朝 蓮舫氏 白いスーツに笑顔映え(産経新聞)

 ■「行政透明化する重責」

 菅新内閣の目玉閣僚として行政刷新相への就任が決まった民主党の蓮舫氏。8日朝、「新しい日本の始まりと認識しています」。緊張感をにじませながらも時折笑顔をみせて抱負を語った。また、ほかの初入閣組の事務所には、祝電が相次いだ。

 東京都目黒区にある蓮舫氏の自宅前には、早朝から約20人の報道陣が詰め掛けた。午前9時半ごろ、トレードマークの襟を立てた白いスーツ姿で現れた蓮舫氏は一瞬驚いた表情を浮かべながら、「非常に緊張感を持った朝を迎えた」とかみしめるように語った。

 新たな職務について問われると「行政を透明化する重責。政権交代して最も政治が変わったと思ってもらえる仕事」と、事業仕分けで官僚に迫ったいつものはきはきとした口調で返答した。

 父親の出身地である台湾でも大きく取り上げられていると伝えられ「ありがとうございます」とにっこり。「女性でも母親でも、国会でしっかり仕事をさせてもらえる政党を選んで本当に良かった」としみじみ語った。

 国家戦略担当相に就任する荒井聡氏は「身の引き締まる思いだ」と国会内の事務所で晴れやかな表情で語り、「平常心を保つことが大事だが、どきどきしている」と打ち明けた。

 財務相の野田佳彦氏や公務員制度改革担当相の玄葉(げんば)光一郎氏の事務所にはお祝いのランの鉢植えが届けられ、支援者から電話や電報も続々と寄せられた。

日本科学未来館 12日から「ドラえもんの科学みらい展」(毎日新聞)
明大での「ザ・コーヴ」上映会中止(時事通信)
はやぶさ 7年、60億キロ…世界初の旅終え帰還(毎日新聞)
ウアルカイシ氏 不起訴で会見「中国政府との対話求める」(毎日新聞)
<民主>9日、枝野氏引き継ぎで小沢氏と会談(毎日新聞)
スポンサーサイト

<普天間移設>日米合意「重要な一歩」ルース大使(毎日新聞)

 ルース駐日米大使は1日、東京都内の米大使館で毎日新聞など日本人記者団と会見した。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の日米合意について「米軍による沖縄の負担を軽減する重要な一歩だ」と強調。合意に基づき8月末までに具体的な滑走路の建設位置や工法を決定するため地元の説得に協力する考えを表明した。

 先月28日の日米共同声明では移設先を「キャンプ・シュワブ辺野古崎」(同県名護市辺野古)周辺としている。ルース大使は「日米両政府は普天間飛行場を一日も早く閉鎖し、移設することを確認している」と述べた。

 日米合意に至るまで鳩山政権が迷走したことに関しては「首相は政治的には困難だが、重要な決断をした」と指摘。選挙を経て政策見直し作業を経験したオバマ米政権の例も引用し、「新政権が発足した後のプロセスには忍耐がいる」と理解を示した。ルース氏は普天間問題で米政府側の「窓口」として岡田克也外相らと交渉した。

 ルース氏は「同盟を強化し、長期的に米軍の存在を維持させる」ための協力が重要と指摘。交渉の過程では沖縄海兵隊の抑止力について「全体的な米軍の存在と役割について多くの議論をした」と明らかにした。

 一方、日米合意に対し沖縄側が反発していることについて「沖縄の負担軽減」の重要性を強調。環境や教育、科学技術分野での協力を深めると同時に、大使自身も合意履行に向け「協力を惜しまない」と述べた。【及川正也】

【関連ニュース】
普天間移設:民主党沖縄県連「到底容認できない」の見解
普天間問題:自民、不信任案提出へ
普天間問題:「ジュゴン絶滅する」…自然保護団体が反対
普天間問題:「沖縄差別そのもの」…徹底抗戦の構え
普天間問題:鳩山首相が陳謝、続投表明…記者会見

<アユ>多摩川産「江戸の味」復活 川崎(毎日新聞)
<普天間問題>辺野古へ移設、閣議決定…福島消費者相を罷免(毎日新聞)
雑記帳 「ブライダルトレイン」豊橋を走る 愛知(毎日新聞)
西成区役所で保護費支給 憤る受給者 「わしらを商売道具にするなんて…」(産経新聞)
普天間移設で首相要請の会議、18知事が欠席へ(読売新聞)
プロフィール

ミスターしげおへんみ

Author:ミスターしげおへんみ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。